世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁Q&A

乳酸菌が入った青汁(世田谷自然食品)についての質問Q&Aコーナー

世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁を購入され飲み始めている方、そしてこれから飲もうと思っていらっしゃる方の中にも、いろいろと疑問や質問があると思います。

 

そこで、このページは、乳酸菌が入った青汁に関するQ&Aのコーナーにしたいと思います。意外と多い質問は、「飲み方について」と「商品の保存方法について」でした。

 

 

 

 

 

(Q1)どのようにして飲むのでしょうか?

 

(Answer)
通常は、ステック1本の青汁粉末を100〜150mlの水やミルクで溶かして飲みます。
お好みによってアップルジュースや豆乳に溶かしても良いですし、暑い夏には角氷を入れて冷やしたり、寒い冬には温かいお湯に溶かして飲むのも良いです。

 

また、ミキサーを使ってバナナとミルクと青汁で、バナナ青汁ジュースなどを作ると、凄く美味しく頂けます。

 

 

 

 

 

(Q2)いつ飲んだら良いでしょうか?

 

(Answer)
基本的には、健康食品ですので、特別に飲むタイミングを守らなければならないという事はなく、いつでも好きな時に飲んでOKです。

 

ただ、飲み忘れ防止という意味で習慣化するために、「朝起きて朝食前」とか、「夜寝る前」など飲むタイミングをご自分で決めると良いでしょう。

 

 

 

 

 

(Q3)保管はどのようにすれば良いでしょうか?

 

(Answer)
一般の食品と同じように、高温多湿の場所や直射日光を避けるようにした方が良いでしょう。冷暗所に置いておくのがベストです。ステックを開封した場合には、品質や風味の劣化が進み始めますのでなるべく早めに使うようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

(Q4)作り置きして起きても大丈夫?

 

(Answer)
もし、作り置きされる場合には、冷蔵庫の中に入れるようにして、できるだけ早めに飲んでしまうように心がけましょう。

 

 

 

 

 

(Q5)ステック1本に、どれくらいの乳酸菌が入っているのでしょうか?

 

(Answer)
世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁のステック1本の中には、約100億個の乳酸菌が入っています。これは通常のヨーグルト100gに含まれる数と同じくらいです。
ちなみに、乳酸菌が入った青汁に使われているのは、ヨーグルトの中の動物性乳酸菌ではなく、過酷な環境にも耐えることができるお米由来の植物性乳酸菌が使われています。

 

 

 

 

関連ページ

乳酸菌が入った青汁(世田谷自然食品)のお試しを利用!体験レビューと評価
世田谷自然食品の青汁の原料と乳酸菌について詳しくご紹介
素材にこだわった世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁には、、安全で安心な島根県産の大麦若葉や北海道産のクマザサ、国内産の抹茶や植物性乳酸菌などが使用されています。